本文へ移動

苦情解決制度

◆苦情解決制度◆ 

社会福祉法第82条の規定により、当園では利用者からの苦情・ご相談に適切に対応する体制を整えております。当園における苦情相談解決責任者、苦情相談受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情・相談解決に努めることといたします。

 

 

■1.苦情相談解決責任者        園長 金城 貴子

■2.苦情相談受付担当者        主任 山川 まゆみ

■3.第三者委員                    仲村渠 栄

              高嶺 明彦

■4.苦情・相談解決の方法
 

(1)苦情・ご相談の受付
苦情・相談は面接、電話、書面などにより苦情相談受付担当者が随時受け付けます。
なお、第三者委員に直接苦情・相談を申し出ることもできます。
 
(2)苦情・相談受付の報告・確認
苦情相談受付担当者が受け付けた苦情・相談を苦情相談解決責任者と第三者委員(苦情相談申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。
第三者委員は内容を確認し、苦情相談申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。 
 

(3)苦情・相談解決のための話し合い
苦情相談解決責任者は、苦情相談申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めす。
その際、苦情相談申出人は、第三者委員の助言や立ち会いを求めることができます。

なお、第三者委員の立ち会いによる話し合いは、次により行います。

ア.第三者委員による苦情・相談内容の確認
イ.第三者委員による解決案の調整、助言
ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認 

(4)都道府県「運営適正化委員会」の紹介
本事業者で解決できない苦情は、沖縄県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。

苦情・要望の内容と解決・改善策

2021年2月

特になし

2021年1月

1月18日受付
●内容
母親より、園児が咳鼻水の症状があり、またRSウイルスがクラスに数名いるため担任に当園を拒否されたとのこと。

●解決案等
園児の母親、父親、園長、主任保育士で話し合いの場を持ち、ご両親へ悩まれた経緯をお聞きした。対応の至らなさ、担任の伝え方に配慮がなかったこと等を深くお詫びした。同日、職員会議を開き、今後このようなことが無いよう全職員に確認・周知をした。

2020年12月

12月9日 受付
●内容
母親から電話にて「お迎え時に自分の子どもだけ他のクラスで保育されているのはなぜか」「家でお風呂に入れた際、右胸に嚙み傷があったが、申し送りが無かった」とのこと。

●解決案等
 園長が担任へ確認をしたところ、夕方に園児の気持ちの不安定さが見られたので、気分転換も兼ねて加配保育士と共に他クラスで過ごしたとのこと。
噛みつきに関しては、気が付かなかった。
 園長より母親へ電話を入れ、一連の対応について、ご心配とご迷惑をかけたことを深くお詫びした。
 12月10日夕方、母親、祖母、園長、主任保育士、担任を交え、直接お詫びをさせていただいた。
母親より、どの子もケガをするのは仕方がないが、申し送りが無かったことに納得できなかった。落ち着かずに他クラスへ入れていたことも直接話してほしかった。とお話しいただいた。
園長、主任保育士、担任を含め、噛みつきに気が付かなかったこと、他クラスで一時的に遊ばせていたことに関して言葉足らずで説明できておらず、配慮の無い対応、ご心配をおかけしたことを深くお詫びした。
同日、職員会議を開き、一連の内容を全職員へ伝え、今後このようなことが無いよう確認と周知をした。


2020年11月

特になし

2020年10月

特になし

2020年9月

特になし

2020年8月

特になし

2020年7月

特になし

2020年6月

特になし

2020年5月

特になし

2020年4月

特になし
0
2
8
2
0
7
TOPへ戻る